バイク、冬のグローブはお金をかけてください。

バイクは、夏暑く、冬寒いです。

車と違い、決して快適とは言い難い乗り物ですよね。

車は、車内ですしエアコンでいくらでも調節が利きます。

しかしバイクは外なので、外の冷気がダイレクトに届きます。

冬のバイク、経験した人は分かると思いますが、これから経験すると言う人は、あまりの寒さにビビると思います。

僕も移動手段がバイクしかなかった昔は、軍手で冬の日に出歩いていましたが、手の感覚がなくなり死ぬかと思いました(笑)

でも、お金がなくて防寒着の優先順位を低くしていて、買わないまま終わりました。

今思えば、買っておけば良かったです。

冬の手の対策

冬の防寒着対策は必須ですが、基本買える範囲で少しでも良い物をオススメしています。

その中でも手袋は大事です。

冬は寒すぎて、指先の感覚が無くなります。

手の感覚が無くなるって、アクセルを握るバイクには結構危ないことですよね。

なので、冬用グローブは一番お金をかけることをオススメします。

冬用ジャケットよりも、安いので良いのを買いましょう。

グリップヒーター

グリップヒーターという商品もあります。

その名の通り、ハンドルが温かくなります。

しかし、握っている個所だけです(笑)

電熱グローブ

電熱グローブは、手袋全体が温まります。

値が張りますが、手の寒さから守るなら一番良いと思います。

普通の冬用グローブやグリップヒーターは、なんだかんだ手先が冷たくなりますから、余裕があるならこちらが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です